自動車排ガス脱硫剤及びそれを用いた自動車排ガス脱硫装置

開放特許情報番号
L2006005392
開放特許情報登録日
2006/9/8
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2003-368361
出願日 2003/10/29
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2005-133590
公開日 2005/5/26
登録番号 特許第3978496号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 自動車排ガス脱硫装置及び脱硫方法
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 自動車排ガス脱硫剤、自動車排ガス脱硫装置、ディーゼル車、自動車排気ガス処理装置
目的 低コストな自動車排ガス用脱硫剤、及びそれを用いた、小型軽量で、排気抵抗を増大させない、広い排気ガス温度範囲で脱硫性能が維持でき、且つ低コストな自動車排ガス脱硫装置の提供。
効果 貝殻を脱硫剤とするので、低コストな自動車排ガス用脱硫剤を提供することができる。また、それを用いた自動車排ガス脱硫装置は、小型軽量、排気抵抗を増大させない、広い排気ガス温度範囲で脱硫性能を維持し、且つ低コストな自動車排ガス脱硫装置である。
技術概要
この技術では、自動車排ガス用脱硫剤は、自動車の排気抵抗が無視できる程度の大きさの貝殻、または自動車の排気抵抗が無視できる程度の大きさに粉砕した貝殻を脱硫剤とする。また、自動車排ガス脱硫装置は、筒状の容器と、筒状の容器に充填した貝殻と、貝殻を容器に固定する部材とよりなるものとする。また、貝殻を容器に固定する部材は、筒状の容器の出入り口に設けた金網であれば好ましい。また、この自動車排ガス脱硫装置は、自動車の排気管に直列に接続して使用する。特に、従来の触媒からなる自動車排ガス処理装置よりもエンジンに近い側に配置することが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT