窒化ホウ素で被覆された炭化珪素ナノワイヤーおよび窒化珪素ナノワイヤー並びにそれらの製造方法

開放特許情報番号
L2006005260
開放特許情報登録日
2006/9/8
最新更新日
2015/10/7

基本情報

出願番号 特願2002-379615
出願日 2002/12/27
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2004-210562
公開日 2004/7/29
登録番号 特許第3834639号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 窒化ホウ素で被覆された窒化珪素ナノワイヤーの製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 窒化ホウ素で被覆された窒化珪素ナノワイヤー
目的 マトリックス材との相互作用を抑制し、複合化によってその特性、機能を向上させることのできる、表層に窒化ホウ素(BN)を均一に被膜した新しい窒化珪素ナノワイヤー、並びにその製造方法を提供する。
効果 マトリックス材との相互作用を抑制し、複合化によってその特性、機能を向上させることのできる、表層に窒化ホウ素(BN)を均一に被膜した新しい窒化珪素ナノワイヤー、並びにその製造方法を提供することができる。
技術概要
ニッケルのナノ粒子を担持したグラファイト基板を触媒とし、ホウ素と二酸化ケイ素の混合物を窒素ガス気流中または窒素ガスと希ガス気流中において高温で反応させる;ニッケルのナノ粒子を担持した六方晶系窒化ホウ素基板を触媒としてホウ素と二酸化ケイ素の混合物をアンモニアガスと希ガス気流中において、高温で反応させる;ホウ素と二酸化ケイ素のモル比が1:5〜5:1である;1400℃〜1600℃の温度範囲で30分〜33時間反応させる;反応後の生成物を空気中において、600〜1000℃で5〜10時間、熱処理を施す;窒化ホウ素で被覆された窒化珪素ナノワイヤーの製造方法である。図1は窒化ホウ素が被覆された窒化珪素ナノワイヤーの透過型電子顕微鏡写真、図2はこの反応に用いられる装置の構成を示した全体図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT