溶接方法

開放特許情報番号
L2006004922
開放特許情報登録日
2006/9/1
最新更新日
2015/10/6

基本情報

出願番号 特願2002-056303
出願日 2002/3/1
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2003-251488
公開日 2003/9/9
登録番号 特許第3861139号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 溶接方法
技術分野 機械・加工
機能 加熱・冷却
適用製品 補強溶接、低変態温度溶接材料
目的 低変態温度溶接材料を使用して溶接止端部を補強溶接する場合に、溶接ルート部の疲労強度を劣化させることなく、溶接強度の大きな溶接を可能とする新しい溶接方法の提供。
効果 溶接ルート部の疲労強度を低下させることなしに疲労強度を向上させることができ、また、低変態温度溶接材料を使用して溶接止端部を補強溶接することによりこの向上効果は極めて顕著なものとなる。
技術概要
平板上に、縦横の長さが異なる溶接断面を有する角柱体を溶接する方法において、この技術では、一方の長手方向側面部の端部近傍から端部を経由して対向する長手方向側面部を溶接し、次いで、溶接開始側と反対側の長手方向側面部の端部近傍から端部を経由して対向する長手方向側面部を溶接する。また、一方の長手方向の端部直前の側面部から端部を経由して対向する端部直前までの反対側の長手方向側面部を溶接し、冷却してからこの端部直前の長手方向側面部から端部を経由して溶接開始位置まで溶接する。そして、いずれかの方法により溶接した後に、長手方向両端部(溶接止端部)を低変態温度溶接材料により補強溶接する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT