窒素含有酸化亜鉛粉末およびその製造法

開放特許情報番号
L2006004909
開放特許情報登録日
2006/9/1
最新更新日
2015/10/6

基本情報

出願番号 特願2001-369546
出願日 2001/12/4
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2003-171123
公開日 2003/6/17
登録番号 特許第3890403号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 窒素含有酸化亜鉛粉末およびその製造法
技術分野 機械・加工、無機材料
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 工業製品、医薬品、ゴムの加硫促進剤、触媒、バリスター、塗料、UV化粧品
目的 可視光による光触媒機能を有する酸化亜鉛粉末およびその製造法の提供。
効果 本技術の酸化亜鉛は、光触媒として利用可能であり、特に自然の光を利用して室内において空気の浄化、更には壁及び室内装飾品の防汚などに効果を発揮できる。
技術概要
この技術では、酸化亜鉛の水分散液に一定なアモンニア水溶液を加えてアンモニア亜鉛錯体水溶液を形成する。この溶液をネブライザで液滴径が0.1μmから50μmの微小な液滴を霧化して、液滴をアルゴン、ヘリウム、窒素、酸素あるいは空気のキャリアーガスを用いて気液混相の状態で高温反応炉内へ送り、反応炉内部でアンモニア亜鉛錯体を熱分解して窒素を含む酸化亜鉛微粒子を生成する。この方法で得られた酸化亜鉛粉末は、波長400〜600 nmにおける吸光度が20〜50%であり、可視光による光触媒機能を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT