希土類ホウケイ化物とその製造方法

開放特許情報番号
L2006004905
開放特許情報登録日
2006/9/1
最新更新日
2015/10/6

基本情報

出願番号 特願2001-333211
出願日 2001/10/30
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2003-137535
公開日 2003/5/14
登録番号 特許第3624244号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 希土類ホウケイ化物とその製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 熱電変換素子材料、X線分光素子材料、発光材料
目的 高機能性材料、例えば、熱電素子材料、分光素子材料、発光材料等として有用な、ケイ素を含む希土類多ホウ化物の提供。
効果 熱電変換素子材料、X線分光素子材料、発光材料等に有用な新規な構造の希土類ホウケイ化物を提供することができる。
技術概要
 
この技術では、REB↓2、REB↓4、REB↓6、またはREB↓(12)で表される希土類多ホウ化物を原料とし、これに、ホウ素、ケイ素、またはそれぞれの化合物を、REB↓uSi↓v(u, vの範囲は、10≦u≦30、3≦v≦10)の組成になるように加え、真空、アルゴンないしは中性雰囲気中、1600〜1900℃の温度で加熱、固相反応させる。例えば、ペレット状で得られたREB↓4を粉砕し、平均粒径10ミクロン程度とし、このREB↓4に、最も合成が容易である[RE]/[B]/[Si]=1/21/5の組成比になるよう、反応式REB↓4 +17B+5Si→REB↓(21)Si↓5に基づき、所望量のホウ素およびケイ素を加え、窒化ホウ素ルツボ中に入れ、真空雰囲気下、1700℃に加熱し、5時間保持して生成物を得る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT