極低リンステンレス鋼とその製造方法

開放特許情報番号
L2006004835
開放特許情報登録日
2006/9/1
最新更新日
2015/10/5

基本情報

出願番号 特願2000-260793
出願日 2000/8/30
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2002-069589
公開日 2002/3/8
登録番号 特許第3855043号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 極低リンステンレス鋼の製造方法
技術分野 機械・加工、金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 硝酸を多用する工業装置用材料
目的 耐硝酸腐食性に優れた安価な極低リンステンレス鋼と、その極低リンステンレス鋼を効率的に製造することができる方法の提供。
効果 耐硝酸腐食性に優れた安価な極低リンステンレス鋼と、その極低リンステンレス鋼をより効率良く製造することができる。
技術概要
本技術は、ステンレス鋼中のリン濃度が0.0005%以下に低減されている極低リンステンレス鋼を提供するものであり、このような極低リンステンレス鋼は、コールドクルーシブル型浮揚溶解装置において浮揚溶解した溶融ステンレス鋼と水冷るつぼとの間に溶融フラックスを介在させ、溶融ステンレス鋼に棒状あるいは線状のカルシウム系フラックスを挿入することにより、ステンレス鋼中の不純物としてのリンをこのフラックス中に移行させることにより製造している。また、フラックスの挿入後は、脱リン反応が終了したら直ちにステンレス溶湯を固化させて復リンを防止させている。用いるコールドクルーシブル型浮揚溶解装置は、スリットで周方向に分割されている複数の金属セグメントで構成され、上面が開放し、かつ下面が閉鎖している水冷機構を有する水冷るつぼ(コールドクルーシブル)と、高周波電源より高周波電流が流れる誘導コイルにより、構成されている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT