ブレイトンサイクル熱気機関

開放特許情報番号
L2006004472
開放特許情報登録日
2006/8/4
最新更新日
2006/8/4

基本情報

出願番号 特願2003-196776
出願日 2003/6/11
出願人 金丸 孝二
公開番号 特開2005-002976
公開日 2005/1/6
登録番号 特許第3770324号
特許権者 金丸 孝二
発明の名称 熱気式外燃機関
技術分野 機械・加工、その他
機能 加熱・冷却、環境・リサイクル対策、その他
適用製品 外燃機関
目的 作動流体の状態変化を確実におこなえるブレイトンサイクルにより、従来の外燃機関(スターリングエンジン)の持つ損失要因を排除し、設計の自由度の高い高性能の外燃機関を実現する。
効果 同一の技術条件ならば常にスターリングエンジンよりも高い性能を発揮できる。 1.熱の筒抜けの問題がなく、再生器が不要で作動流体の流動抵抗が少ない。 2.断熱変化時にはシリンダと流路を遮断するため、シリンダ内では断熱変化が確実におこなわれる。 流路が死容積になることがないため、流路,加熱器,冷却器の長さや容積の制限が小さく、熱交換器の構造やレイアウトの自由度が高い。 3.挙動が把握しやすく設計通りの性能を実現しやすい。 スターリングエンジンのようなサイクルの曲線軌道による性能の縮退も発生しない。
技術概要
 
本機関は効率−パワーレシオ特性においても 自在な設計が可能である。 断熱圧縮率を高くとることによりカルノーサイクルに近づき、太陽熱発電用の熱力変換効率70%の機関となる。 逆に断熱圧縮率を低くして効率を35%程度に抑えれば、パワーレシオ2ps/kgの航空機用機関となり、定常運転では低NOx域の燃焼温度1500℃でも従来の内燃機関の性能を凌駕する。 詳細は http://www5.ocn.ne.jp/~crachica/kikai/kikai.html を参照。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 

登録者情報

登録者名称 金丸 孝二

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT