固・液分離装置

開放特許情報番号
L2006004369
開放特許情報登録日
2006/7/28
最新更新日
2006/7/28

基本情報

出願番号 特願平09-296914
出願日 1997/10/29
出願人 岩村 淳一、株式会社創造科学研究所
公開番号 特開平11-128617
公開日 1999/5/18
登録番号 特許第3113626号
特許権者 岩村 淳一、株式会社創造科学研究所
発明の名称 固・液分離装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 継続的に目詰まりすることなく固・液を分離
目的 目詰まりが生じ、継続的使用を可能にした固・液分離装置の提供。
効果 (1)装置の価格が安価である。(2)ランニングコストが安価である。(3)目詰まりがなく操作が簡単である。(4)開孔度は濾過材面と被分離液との角度を変えることで変更出来、それにより分離能力を変化させることが出来る。(5)連続稼働が可能である。
技術概要
本技術は、固体と液体からなる混合物から固体画分と液体画分を分離する方法であって、濾材が固体の粒度より大きい濾過孔を有し、粒度によって濾材の濾過面と混合物の送流の角度を調節することにより、固体画分と、液体画分を分離する。この方法は反復することによりさらに分離が可能である。この方法によれば、固体を含む液体を濃縮することもでき、また、この方法により得られた濃縮液を他の濾過手段に付すことにより、固体のみを容易に得ることもできる。一方、この方法によれば、固体の大部分を除去した液体を得ることができる。また、この方法により得られた液体画分を他の精製手段に付すときも、液体の精製が容易になる。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT