電極用材料及びその製造方法

開放特許情報番号
L2006004245
開放特許情報登録日
2006/7/14
最新更新日
2015/9/18

基本情報

出願番号 特願2006-093751
出願日 2006/3/30
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2007-269505
公開日 2007/10/18
登録番号 特許第5392735号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 キャパシタ用電極及びその製造方法
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 電気2重層キャパシタなどの電極用材料
目的 充放電特性、キャパシタ容量の向上した電気2重層キャパシタやリチウムイオン2次電池などに用いる事の出来る電極用材料及びその製造方法を提供する。
効果 窒素含有炭素フォームを電極用材料とし、窒素吸着による表面積を小さくする事で、見かけ上無限大の、高容量なキャパシタとする事が出来る。
技術概要
不活性雰囲気中、温度600〜1,200℃で、メラミン樹脂発泡体を炭素化して、窒素含有量2.5〜30wt%で、嵩密度を0.002〜0.006とする窒素含有炭素フォームの電極用材料を得る。メラミン樹脂発泡体は、窒素含有化合物であるメラミンを重合した市販のメラミン樹脂などを、発泡成形してフォームを形成させたもの、又は市販のメラミンフォームを用いることが出来、不活性ガスは、窒素ガス、ヘリウムなどを用いるのが好ましい。キャパシターとしては、単位表面積当たりのキャパシタンスは通常の活性炭電極(0.1〜0.15F/m↑2)と異なり大容量にさせる事が出来る。たとえば、900℃の炭素化で得られた材料の電気2重層キャパシタ特性は、ボルタンメトリーにより理想的な矩形を示し、0.4Vにおけるキャパシタンスは195F/gのものが得られる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT