電力測定方法及びこの方法を用いた電力測定装置

開放特許情報番号
L2006004215
開放特許情報登録日
2006/7/14
最新更新日
2006/7/14

基本情報

出願番号 特願平10-223381
出願日 1998/8/6
出願人 日本電気計器検定所
公開番号 特開2000-055948
公開日 2000/2/25
登録番号 特許第3265269号
特許権者 日本電気計器検定所
発明の名称 電力測定方法及びこの方法を用いた電力測定装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 電力測定方法及びこの方法を用いた電力測定装置
目的 力率が「1」である場合の他に、力率が「−1」である場合を含めた全ての力率範囲にて測定誤差を小さくして特性の改善を図り得る電力測定装置を提供する。
効果 力率が「1」である場合の他に、力率が「−1」である場合を含めた全ての力率範囲にて測定誤差を小さくして特性の改善を図ることができる。
技術概要
基本周波数の等しい電圧及び電流にそれぞれ対応する2つの信号を入力し、これらの信号の積で表される電力に対応する信号を生成する乗算手段と、乗算手段の出力信号の正負を判別し、正側と負側とに分離して出力する判別出力手段と、判別出力手段により分離された信号にそれぞれ乗算手段の誤差を修正する所定の係数を個別に乗じて出力する補正手段と、補正手段によって係数が乗じられた正側の信号と負側の信号とを乗算手段の出力極性に対応させて合成する合成手段と、を備えた電力測定装置である。図1は電力測定方法を実施する電力測定装置の一実施形態の構成を示すブロック図、図2は図1に示した実施形態の動作を説明するために、乗算器の実際の出力信号波形を理想の出力信号波形と併せて示した波形図、図3は図1に示した実施形態の効果を説明するために、複数の異なる力率における電力測定誤差を従来方式と比較して示した図表である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 日本電気計器検定所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT