発声位置推定方法およびそれを用いた発声位置推定装置、電動車椅子

開放特許情報番号
L2006003944
開放特許情報登録日
2006/6/23
最新更新日
2015/9/16

基本情報

出願番号 特願2006-045096
出願日 2006/2/22
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2007-228135
公開日 2007/9/6
登録番号 特許第4682344号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 発声位置推定方法およびそれを用いた発声位置推定装置、電動車椅子
技術分野 電気・電子、生活・文化
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 発声位置推定装置、電動車椅子
目的 雑音中であっても正確に使用者の発生する操作用の音声を聞き取り、それに基づき制御する発声位置推定方法およびそれを用いた発声位置推定装置、電動車椅子を提供する。
効果 車椅子に固定されたマイクロフォンアレイを用いることで、ユーザはコードや機器を一切身につける必要がなくなり、電動車椅子の利用が容易になる。このため、手を自由に動かすことが困難な障害者などが使用しても、マイクロフォンの装着やマイクロフォン位置の修正などの手続きを必要としない実用的な電動車椅子が実現される。平行マイクロフォンアレイ音声入力装置を利用することで、周囲に妨害雑音が複数存在しても、ユーザの発声位置を推定することが可能になる。
技術概要
図1は電動車椅子の外観図、図2は図1に示す電動車椅子の機能ブロック図である。図1に示すように、電動車椅子、例えば、2つの後輪36a(図示省略)、36b、2つの前輪35a、35b、後輪36a、36bの上方に設置されたシート37と背もたれ40、背もたれ40の両側に設置された肘掛33a、33b、前輪35a、35bの前方に設置された足置き41a、41bを有する。肘掛33aにはディスプレイ31が、そして肘掛33bにはジョイスティック32と緊急停止ボタン34がそれぞれ固定されている。背もたれ40には、支柱42a、42bを介して取り付け金具を設けた調節バー39を取り付ける。支柱42aおよび42bと、取り付け金具を設けた調節バー39によりスタンド金具を構成する。調節バー39に設けた取り付け金具に、マイクロフォンアレイ30a、30bを先端部分に設けたマイクロフォン取付体30c、30dを摺動自在に設ける。図3は平行マイクロフォンアレイ音声入力装置の配置図である。図4は動作を説明するためのフローチャートである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 発声位置を利用して電動車椅子を制御することが可能になる。このため、ユーザは明瞭な音声を発声する必要はなく、例えば、不明瞭な音声、「スー」という摩擦音、また口笛などであっても、そのような音をある程度発することができ、更に目的の方向に首や上半身を使って口先などの音源位置を移動することができさえすれば、電動車椅子が利用可能となる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT