交流電圧センサ

開放特許情報番号
L2006003787
開放特許情報登録日
2006/6/16
最新更新日
2006/6/16

基本情報

出願番号 特願平11-377216
出願日 1999/12/29
出願人 株式会社ユー・アール・ディー
公開番号 特開2001-194393
公開日 2001/7/19
登録番号 特許第3711485号
特許権者 株式会社ユー・アール・ディー
発明の名称 交流電圧センサ
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 交流電圧センサ   ポテンシャルトランスフォーマーの代用
目的 小型・安価で且つ高性能な交流電圧センサを製作可能とする。
効果 この発明の交流電圧センサは、トランスに設けた負帰還用コイルから作動入力型アンプに負帰還することにより、トランスによる位相誤差を能動的に補正し、負帰還用コイルと等価な二次コイルから出力を得ることにより、従来装置とは比較にならないほど小型軽量で、従来と同等以上の性能と低コストを得ることができる。
技術概要
本発明は例えば交流電力測定の際に電圧入力用として使用される高性能な交流電圧センサに関する。図1によって説明すると分圧抵抗2によって得られる入力を差動入力型オペアンプ3の非反転入力端子に入力する。そしてオペアンプ3の出力をトランス4の1次コイル5に印加する。オペアンプ3の反転入力端子にはトランス4の負帰還コイル6の電圧が印加される。そしてコイル6と等価な2次コイル7の出力電圧から交流電圧センサ1の出力電圧が得られる。この様な構成によりトランスによる位相遅れが能動的に補正さ、2次コイルの出力と入力電圧を分圧した電圧の位相差の極めて小さい出力電圧が得られる。トランス4は従来と比較にならないほど小型で低廉のもので同等以上の特性が得られる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 話し合いによる
対価条件(一時金) 【要】話し合いによる
対価条件(ランニング) 【要】話し合いによる

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 トランスを非常に小型・低廉化できる。

登録者情報

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【否】
特殊仕様の提供 【否】

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 第3653708号
登録番号2 第3673949号
登録番号3 第3028322号
登録番号4 第3049332号
登録番号5 第3215947号
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT