撮影機能付き3次元ディスプレイ装置を用いた遠隔通信方法及び該方法に用いるカメラ付き3次元ディスプレイ装置

開放特許情報番号
L2006003544
開放特許情報登録日
2006/5/19
最新更新日
2015/10/2

基本情報

出願番号 特願2004-260162
出願日 2004/9/7
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2006-078597
公開日 2006/3/23
登録番号 特許第3946213号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 撮影機能付き3次元ディスプレイ装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、その他
適用製品 撮影機能付き3次元ディスプレイ装置、カメラ付き3次元ディスプレイ装置
目的 複数人が一堂に会した状態で、撮影機能付き3次元ディスプレイ装置を用いて遠隔通信を行うことができる遠隔通信方法及び該方法に用いる撮影機能付き3次元ディスプレイ装置を提供する。又、複数人が裸眼で立体画像を視認できる3次元ディスプレイ装置に複数のカメラからなる撮影装置を簡単に実装できる撮影機能付き3次元ディスプレイ装置を提供する。
効果 第2の撮影機能付き3次元ディスプレイ装置を用いることにより、第2の撮影機能付き3次元ディスプレイ装置に第1の撮影機能付き3次元ディスプレイ装置内部の人間の分身として立体映像を実空間に存在させることができるため、実際に居合わせる複数の人間の中に、テレイグジスタンスしている人間が混在している状態を作ることが可能である。もちろん複数の第2の撮影機能付き3次元ディスプレイ装置を第2の地点に存在させた場合には、テレイグジスタンスする人間を更に増やすことができる。
技術概要
 
撮影機能付き3次元ディスプレイ装置を用いた遠隔通信方法は、第1の地点に配置され、裸眼で視認できる立体映像を提示する立体映像提示機能と第1の地点に居る人を撮影する撮影機能とを備えた第1の撮影機能付き3次元ディスプレイ装置と、第1の地点と離れた第2の地点に配置され、裸眼で視認できる立体映像を提示する立体映像提示機能と第2の地点に居る人を撮影する撮影機能とを備えた第2の撮影機能付き3次元ディスプレイ装置とを用いる。そして第1の撮影機能付き3次元ディスプレイ装置で撮像した第1の地点に居る人の映像を第2の撮影機能付き3次元ディスプレイ装置で立体映像として第2の地点に居る人に提示する。そして第2の撮影機能付き3次元ディスプレイ装置で撮像した第2の地点に居る人の映像を第1の撮影機能付き3次元ディスプレイ装置で立体映像として第1の地点に居る人に提示する。これによって遠隔地に居る人どうしの通信を実現する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT