シナプス成熟障害モデル動物

開放特許情報番号
L2006003543
開放特許情報登録日
2006/5/19
最新更新日
2015/11/9

基本情報

出願番号 特願2004-257060
出願日 2004/9/3
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2006-067944
公開日 2006/3/16
登録番号 特許第4550530号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 シナプス成熟障害モデル動物
技術分野 食品・バイオ
機能 その他
適用製品 シナプス成熟障害モデル動物
目的 シナプスの成熟のみが障害され、その他のドレブリン関連機能が正常であるモデル動物や、このモデル動物を用いたシナプス成熟障害の候補治療薬のスクリーニング方法を提供する。
効果 このシナプス成熟障害モデル動物を用いると、シナプス成熟障害治療薬のスクリーニングや、シナプス成熟障害治療薬を特定する試験が可能となる。
技術概要
マウス由来のドレブリン遺伝子を単離し、ドレブリンA特異的エクソン11Aを挟むようにloxP配列を挿入したターゲティングベクターを作製し、ES細胞への相同組み換えを行い、組み換えES細胞を個体に導入し、ES細胞由来の体細胞を高割合で有するキメラ個体を親として、組み換え遺伝子を有する子孫F1を得て、この個体F1とCre遺伝子を発現するマウスとを交配させることによって2つのloxP配列に挟まれたドレブリンA特異的エクソン11Aを欠失させた個体を得て、この個体の雌雄を掛け合わせることによってドレブリンAノックアウトマウスを作製する。図1に、ドレブリンAノックアウトマウス作製に用いられるターゲティングベクター構築の概略を示す。図2にドレブリンAノックアウトマウス(KO(−/−))の構築に用いられるターゲティングベクターのサザンブロットの結果を示す。
リサーチツールの分類 動物
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT