触覚情報伝達装置

開放特許情報番号
L2006003219
開放特許情報登録日
2006/4/28
最新更新日
2006/4/28

基本情報

出願番号 特願平11-189779
出願日 1999/7/2
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2001-022267
公開日 2001/1/26
登録番号 特許第3727490号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 触覚情報伝達装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 触覚情報伝達装置
目的 視覚、聴覚、触覚のマルチ・モーダルで統合ディジタル放送(ISDB)の見出し画面などの視覚的選択オブジェクトから番組情報等へのアクセスを迅速に行える触覚情報伝達装置を提供する。
効果 視覚的なオブジェクト情報を探索する場合、視覚的選択オブジェクトを仮想的な三次元的特徴を有する触覚的選択オブジェクトの特徴に応じた触覚情報に変換して使用者の触覚受容器に呈示するので、視覚障覚者等の使用者がISDBやコンピュータのGUI環境において見出し画面あるいはアイコンから所望の情報にアクセスすることを可能とすることができる。また、視覚障害者、晴眼者を問わず選択オブジェクトへの迅速な探索を可能とし、使い易い情報アクセスのインタフェースを期待することができる。
技術概要
図1において、視覚的選択オブジェクト・データ部71は、視覚的選択オブジェクトの属性・性質、機能、内容等の特徴、画面に表示される視覚的選択オブジェクトの位置、形状、色などに関するオブジェクト情報を格納する。選択オブジェクト・パラメータ抽出部72は、視覚的選択オブジェクト・データ部71からこれらオブジェクト情報を検出して抽出する。触覚呈示位置設定部73は、触覚呈示部の3次元空間における位置を設定する機能を有する。触覚呈示部は使用者が装着可能に、触/力覚呈示装置80の出力部として設けられ、選択オブジェクトの画面表示位置に対応して使用者の触覚受容器に刺激を呈示する。触覚呈示位置検出部81は、触/力覚呈示装置80に備え付けられた角度センサを含んで構成され、触覚呈示部の空間位置を検出する。コンピュータ70が処理を司る触覚呈示出力制御部78は、触覚呈示位置設定部73、触覚呈示選択オブジェクト・データ作成部77、および触覚呈示位置検出部81から得られる触覚受容器に呈示する触覚呈示データに従い、触/力覚呈示装置80の出力を制御して使用者の受容器に刺激情報を与える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT