排ガス浄化装置

開放特許情報番号
L2006003079
開放特許情報登録日
2006/4/14
最新更新日
2015/9/16

基本情報

出願番号 特願2005-371389
出願日 2005/12/26
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2007-170323
公開日 2007/7/5
登録番号 特許第4639381号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 排ガス浄化装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 ディーゼルエンジン、希薄内燃機関
目的 酸素を含む排ガス中のNOxを浄化するための、より低温からより高い浄化作用を発現することができる排ガス浄化装置の提供。
効果 本技術の排ガス浄化装置における触媒は、比較的低い温度でも高いNOx浄化性能を発揮することができ、また、本技術の排ガス浄化装置における熱交換部材により、排ガスの熱量を利用して、反応領域の温度を効率的に高めることができる。
技術概要
この技術は、触媒と熱交換部材を備えた排ガス浄化装置であって、触媒は、イリジウムを含む触媒成分と酸化タングステンとシリカを含む複合酸化物からなる担体を含んでなり、触媒は、熱交換部材上に配置され、熱交換部材は、触媒の上流の供給ガスと触媒の下流の排出ガスを熱交換する。好ましくは、熱交換部材は複数の屈曲箇所を有する板材であって、複数の屈曲箇所の稜線方向は実質的に相互に平行であり、複数の屈曲箇所の稜線方向にそって供給ガス及び該排出ガスが流通する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT