三軸試験用メンブレン

開放特許情報番号
L2006003035
開放特許情報登録日
2006/4/14
最新更新日
2015/9/15

基本情報

出願番号 特願2005-341535
出願日 2005/11/28
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2007-147428
公開日 2007/6/14
登録番号 特許第4677607号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 三軸試験用メンブレン
技術分野 その他
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 三軸試験用メンブレン
目的 三軸試験用メンブレン内部の土砂サンプルの状況が外部から観察でき、また、外部からメンブレン内の状況をカメラで連続撮影することもでき、この画像を拡大して観察することが可能となるような簡単なメンブレンの構造を実現する。
効果 きわめて簡単な構造であるが、三軸試験用メンブレン内の土砂の状態が可視的に観察できる。また、メンブレンに設けた窓を通して、外部からメンブレン内の状況をカメラで連続撮影でき、さらにこの撮影画像を拡大して観察することが可能となるので、三軸試験中の土砂サンプル挙動が的確に観察できる。さらに、薄いゴム製スリーブを利用することができるから、三軸試験において土砂サンプルの変形に対しても抵抗なくその変形に追従できるから、正確な測定が可能である。
技術概要
図1は、三軸試験用メンブレンの実施例を説明する図である。三軸試験用メンブレン1は、ゴム製の円筒状のスリーブ2を本体として形成されている。ゴム材としては、天然ゴム(ラテックス)が使用される。その厚さは、約0.3〜0.5mm程度である。三軸試験用メンブレン1の特徴は、スリーブ2の側面に窓3を開口し、この窓3を閉じるように透明の合成樹脂膜4をスリーブ2の内側からこの窓3の周縁6に貼り付けて形成された透明窓5を有する構成である。具体的には、この三軸試験用メンブレン1は、その側面に矩形又は円形の孔から成る窓3が形成されており、三軸試験用メンブレン1の内側からこの窓3の周縁6に沿って窓3を閉じるように、透明の合成樹脂膜4が接着剤で貼り付けられている。三軸試験用メンブレン1の使用に際しては、その中に土砂サンプルを充填し、三軸試験装置7の圧力容器8内に入れ、図1(b)に示すように、キャップ9と基台10の間に装着する。そして、三軸試験を行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT