高感度高速中性子蛍光コンバータ

開放特許情報番号
L2006001857
開放特許情報登録日
2006/3/17
最新更新日
2006/3/17

基本情報

出願番号 特願2001-136255
出願日 2001/5/7
出願人 独立行政法人 日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2002-333482
公開日 2002/11/22
発明の名称 高感度高速中性子蛍光コンバータ
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 非破壊検査、高速中性子ラジオグラフィ、蛍光コンバータ
目的 コンバータが厚くなるに従い蛍光体の含有量が増え、これによる光の散乱増加によってコンバータの不透明さが増すため、コンバータ内部での発光量が増加しているにもかかわらず、観察面での光量は飽和傾向を示すという問題点の改善。
効果 コンバータを厚くしても蛍光を良好に取り出せるので高速中性子に対する検出感度を大幅に増大し高輝度化を達成できる。
技術概要
この技術は、高速中性子と反応して蛍光を発する部分とこの蛍光を観察面まで伝播させる部分を分離させることにより、コンバータを厚くした場合においてもコンバータ内部での発光を観察面まで損失少なく伝播できるため発光量を増加させることができるものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT