薄型放射線表面汚染検出器

開放特許情報番号
L2006001809
開放特許情報登録日
2006/3/17
最新更新日
2015/8/5

基本情報

出願番号 特願2000-132100
出願日 2000/5/1
出願人 核燃料サイクル開発機構
公開番号 特開2001-311777
公開日 2001/11/9
登録番号 特許第3463018号
特許権者 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 薄型放射線表面汚染検出器
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 原子力施設、放射性物質取扱施設、加速器使用施設
目的 検出感度及びエネルギーレスポンスが良好で、大面積化に適し、薄型化できるような放射線表面汚染検出器の提供。
効果 多数のシンチレーションファイバと波長変換ファイバを近接配置した構造の放射線表面汚染検出器であるので、検出感度及びエネルギーレスポンスが良好となり、大面積化に適し、薄型化できる。
技術概要
この技術では、多数のシンチレーションファイバを平行に配列し、その上下に、多数の波長変換ファイバを平行に配列して、全体を三層のシート状構造とする。つまり、下方の波長変換ファイバの層−シンチレーションファイバの層−上方の波長変換ファイバの層からなる三層構造である。多数のシンチレーションファイバは、互いに近接するように一列に配列され、多数の波長変換ファイバも、互いに近接するように一列に配列される。また、シンチレーションファイバと波長変換ファイバも近接するように互いの配列ピッチを半ピッチずらせて配置する。シンチレーションファイバは、中心に位置するコアを周囲のクラッドで覆う構造であり、コアのみが放射線に反応するプラスチックシンチレータからなる。波長変換ファイバは、コアとクラッドからなり、入射した光の波長をコアで変換する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT