エマルショングラフト重合法とその生成物

開放特許情報番号
L2006001601
開放特許情報登録日
2006/3/17
最新更新日
2017/3/22

基本情報

出願番号 特願2004-167017
出願日 2004/6/4
出願人 独立行政法人 日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2005-344047
公開日 2005/12/15
登録番号 特許第4670001号
特許権者 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
発明の名称 エマルショングラフト重合法とその生成物
技術分野 有機材料、金属材料
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 簡便な操作で得られ、金属吸着材等として広い分野で利用される。
目的 水系溶媒におけるエマルショングラフト重合法とその生成物の提供。
効果 コストの低減と環境負荷の軽減を実現し、かつ、高分子基材に機能性を付与することができ、その利用価値は極めて大きい。
技術概要
ポリエチレン、ポリプロピレン等のポリオレフィン系繊維、もしくはキチン、キトサン等の天然高分子繊維を材質とする織布、不織布、フィルム、中空糸膜、平膜、または糸の形態である高分子基材を活性化し、この活性化した高分子基材を、界面活性剤、水、及び反応性モノマーを含むエマルションと接触させて、反応性モノマーを高分子基材にグラフト重合させることにより、高分子基材のエマルショングラフト重合を行う。尚、活性化した高分子基材を、界面活性剤、水、及び機能性官能基を有する反応性モノマーを含むエマルションと接触させて、機能性官能基を有する反応性モノマーを高分子基材にグラフト重合させることにより、金属吸着材を製造する。更に、金属イオンを含有する媒体を、金属吸着材に通過させることにより、金属イオンを吸着回収する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT