グラフト重合法によるリン酸基型捕集材の合成方法

開放特許情報番号
L2006001566
開放特許情報登録日
2006/3/17
最新更新日
2017/3/22

基本情報

出願番号 特願2002-262502
出願日 2002/9/9
出願人 独立行政法人 日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2004-099715
公開日 2004/4/2
登録番号 特許第4465447号
特許権者 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
発明の名称 グラフト重合法によるリン酸基型捕集材の合成方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 簡便な操作で得られ、海水中等に存在するバナジウム、コバルト、ウラン等の希少金属の捕集材として広く利用される。
目的 有用金属を効率よく吸着して捕集するリン酸基型捕集材の合成方法の提供。
効果 グラフト重合反応のみの1段階反応で捕集材作製が可能になり、将来の商業的規模での大量生産が容易になるという利点がある。
技術概要
高分子基材に1または2官能性のリン酸基を有する、モノ(2−メタクリロイルオキシエチル)アシッドホスフェート、ジ(2−メタクリロイルオキシエチル)アシッドホスフェート、モノ(2−アクリロイルオキシエチル)アシッドホスフェート、ジ(2−アクリロイルオキシエチル)アシッドホスフェートまたはこれらの混合モノマーである反応性モノマーをグラフト重合することからなる、リン酸基型捕集材の合成方法であって、リン酸基の導入が1段階の工程で行われる。尚、反応性モノマーが、CH↓2=C(CH↓3)COO(CH↓2)↓lOCO−R−CO−OPO(OH)R’[Rは(置換)(CH↓2)↓m、C↓6H↓4;R’は水酸基等;l、mは1〜6の整数)である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT