拡散テンソル場の構造強調濃淡画像表示方法及び装置

開放特許情報番号
L2006001133
開放特許情報登録日
2006/3/10
最新更新日
2015/9/15

基本情報

出願番号 特願2003-294707
出願日 2003/8/18
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-058570
公開日 2005/3/10
登録番号 特許第4019146号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 拡散テンソル場の構造強調濃淡画像表示方法及び装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 体内や脳内部を可視化する画像診断
目的 拡散テンソル画像が持つ、密で連続なテンソル場の構造を強調して表示することができる拡散テンソル場の構造強調濃淡画像表示方法および装置の提供。
効果 直接的には視ることができない体内や脳内部等を、従来よりも構造を強調して可視化することができ、産業上の利用可能性が非常に高い。
技術概要
この技術による構造強調濃淡画像表示装置は、一次の拡散テンソル画像を構成する各点の一次の拡散テンソルについて固有値分解を行う固有値分解手段と、固有値分解により得た各点についての固有値と固有ベクトルの画像を保存する固有値分解保存手段と、制御値と固有値とから各点の固有値の重みを決定する重み決定手段と、重みと、固有値と固有ベクトルとから二次の拡散テンソルを計算する二次の拡散テンソル計算手段と、二次の拡散テンソルに基づく二次の拡散テンソル画像を保存する二次の拡散テンソル画像保存手段と、二次の拡散テンソル画像と同じ解像度の濃淡画像を生成する濃淡画像生成手段と、濃淡画像の各点において、濃淡値の時間微分を濃淡画像と各点の二次の拡散テンソルを用いて算出する時間微分量算出手段と、時間微分を設定された時間幅で積分して得た積分値を濃淡画像に加算して更新された濃淡画像を生成する更新濃淡画像生成手段と、更新された濃淡画像の各点について、繰り返し時間微分算出手段及び更新濃淡画像生成手段による処理を行わせて構造強調濃淡画像を作成する構造強調濃淡画像作成手段とから構成する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT