過酸化水素含有組成物

開放特許情報番号
L2006001110
開放特許情報登録日
2006/3/3
最新更新日
2010/2/19

基本情報

出願番号 特願平11-342635
出願日 1999/12/1
出願人 ライオン株式会社
公開番号 特開2000-230195
公開日 2000/8/22
登録番号 特許第4420148号
特許権者 ライオン株式会社
発明の名称 過酸化水素含有組成物
技術分野 化学・薬品、生活・文化
機能 材料・素材の製造
適用製品 過酸化水素含有組成物
目的 過酸化水素増粘物の粘度を経時及び温度変化によって減粘することなく安定に維持でき、しかも常温で容易に製造することのできる増粘された過酸化水素含有組成物を提供する。
効果 この過酸化水素含有組成物は、増粘剤としてN−ビニルピロリドン−N,N−ジアルキルアミノアルキルメタクリレート共重合体を使用した結果、組成物の粘度を経時及び温度変化に拘わらず安定に高粘度に維持でき、しかも常温で容易に製造することのできる増粘された過酸化水素含有組成物を提供するものである。
技術概要
過酸化水素と、その増粘剤としてN−ビニルピロリドン−N,N−ジアルキルアミノアルキルメタクリレート共重合体とを含有してなる過酸化水素含有組成物を提供する。この場合、N−ビニルピロリドン−N,N−ジアルキルアミノアルキルメタクリレート共重合体0.1〜5重量%と過酸化水素0.1〜10重量%とを含有することが好ましく、また組成物のpHを1〜7の範囲内とすることが好ましい。過酸化水素は、増粘剤として配合するN−ビニルピロリドン−N,N−ジアルキルアミノアルキルメタクリレート共重合体によって増粘される。ここで、N−ビニルピロリドン−N,N−ジアルキルアミノアルキルメタクリレート共重合体としては、N−ビニルピロリドンと式(図1)で表されるN,N−ジアルキルアミノアルキルメタクリレートとの共重合体が好適に使用される。式において、R↑1、R↑2は、同一であっても異なっていてもよく、それぞれ炭素数1〜4、特に1〜2のアルキル基である。また、nは、1〜10、特に2〜4の整数である。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 ライオン株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT