高強度のNi基金属ガラス合金

開放特許情報番号
L2006000870
開放特許情報登録日
2006/2/24
最新更新日
2015/11/9

基本情報

出願番号 特願2004-113630
出願日 2004/4/7
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2005-298858
公開日 2005/10/27
登録番号 特許第4086195号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 機械的性質と塑性加工性に優れたNi基金属ガラス合金
技術分野 金属材料、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、強度と耐磨耗性が要求される小型精密機器部品、耐食性が要求される配管、燃料電池用メタルセパレータ等として広く利用される。
目的 大きな非晶質形成能を有し、機械的性質に優れたNi基金属ガラス合金の提供。
効果 高強度、高硬度を有し、金型鋳造法により厚さ1mm以上の板状材料または直径1mm以上の棒状材料を容易に作製でき、その工業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
 
式:Ni↓(100−a−b−c)Ta↓aTi↓b(Zr,Hf)↓c[式中、a、b、cは原子%で、5原子%≦a≦35原子%、5原子%≦b<35原子%、かつ15原子%≦a+b<40原子%、0原子%<c≦20原子%であり、かつ30原子%≦a+b+c≦55原子%、を満足する。]で示される組成を有する、非晶質相を体積百分率で80%以上含む、圧縮強度が2800MPa以上の高強度のNi基金属ガラス合金。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT