新規トリペプチドおよびその製造方法

開放特許情報番号
L2006000791
開放特許情報登録日
2006/2/17
最新更新日
2010/5/21

基本情報

出願番号 特願2004-010015
出願日 2004/1/19
出願人 地方独立行政法人青森県産業技術センター
公開番号 特開2005-200377
公開日 2005/7/28
登録番号 特許第4470152号
特許権者 地方独立行政法人青森県産業技術センター
発明の名称 新規トリペプチドおよびその製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、その他
適用製品 新規トリペプチド
目的 新規な有用物質である特定のトリペプチドおよびその製造方法を提供する。
効果 一分子のβ−アラニンと二分子のオルニチンから構成されるトリペプチドは新規なペプチドである。そして、このペプチドは、食品であるシジミエキスから容易に製造することができ、安全性が高く、またその構成アミノ酸から少なくともオルニチンが示す生理活性作用類似の作用を期待することができる。さらに少なくともその構成アミノ酸の製造原料として有用である。
技術概要
式で表されるN末端からβ−アラニン、オルニチン、オルニチンの順でペプチド結合したトリペプチドは、(1)シジミエキスを水で希釈し、分画する、あるいは(2)α−アミノ基とδ−アミノ基を保護したオルニチン及びβ−アミノ基を保護したβ−アラニンを用いて化学的に合成する。この新規トリペプチドは、シジミエキスから製造することができる。シジミエキスの製造法は、生シジミ、あるいは冷凍シジミに水を加えて沸騰させ、エキス分を抽出し、濾過し、必要により濃縮し、あるいは凍結乾燥などの手段で粉末化する。トリペプチドは、シジミエキスの濃縮物あるいはその乾燥粉末を水に希釈してゲルろ過法あるいはイオン交換法などのクロマトグラフィーにより分画(精製)して製造できる。すなわち、シジミエキスを水で固形分に対して20〜50倍程度に希釈してゲルろ過法、イオン交換法を用いて分画できる。このトリペプチドは分子量が317と低分子で、かつそのシジミエキス固形分中の含有量は少量である。前処理として、分画分子量1,000から10,000の膜を用いて限外ろ過や透析を行い、高分子量の糖質やタンパク質を除去し、低分子画分をゲルろ過法等で、などによりさらに分画して得る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT