トンネル掘削における連続ベルトコンベア支持機構

開放特許情報番号
L2006000583
開放特許情報登録日
2006/2/10
最新更新日
2008/10/17

基本情報

出願番号 特願平10-016001
出願日 1998/1/28
出願人 大成建設株式会社
公開番号 特開平11-210382
公開日 1999/8/3
登録番号 特許第2873818号
特許権者 大成建設株式会社、タグチ工業株式会社
発明の名称 トンネル掘削における連続ベルトコンベア支持機構
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 トンネル掘削における連続ベルトコンベア支持機構
目的 連続ベルトコンベアを用いたトンネル掘削において、シート台車、セントル等の自由な移動を確保し得る連続ベルトコンベア支持機構を提供する。
効果 シート台車、セントルその他の作業台車の前方、中間、後方に支持台車を配置し、作業台車からトンネル横断方向でブラケットを張り出し、このブラケットにトンネル横断方向で下部ローラを軸支し、この下部ローラ上に載るレールをトンネル延長方向で前記支持台車に固定し、このレールにトンネル横断方向で上部ローラを軸支し、この上部ローラ上にトンネル延長方向で連続ベルトコンベアを支持してなるので、連続ベルトコンベアを用いたトンネル掘削において、シート台車、セントル等の自由な移動を確保することが可能になる。
技術概要
図1はトンネル掘削における連続ベルトコンベア支持機構が適用されたトンネルの防水シート区間付近を示す概略側面図である。また、連続ベルトコンベア6は、図2に示すように、ベルトコンベア枠11に固着した軸受ユニット12に軸支される一組のキャリアローラ13、及びベルトコンベア枠11に固着した軸受部材14に軸支されるリターンローラ15が一体に構成されたベルトコンベア枠ユニット6aと、先端部及び後端部のプーリーとの間でゴムベルト6bを張架してなる。さらに、連続ベルトコンベア6は、図3に示すように、直接的には前部支持台車5a、中間部支持台車5b、後部支持台車5cの間に架構された一対のサポートレール7に適宜間隔で軸支された上部ローラ8に載置されており、結果的に支持台車5及び一対のサポートレール7からなる走行可能な支持架台によって移動自在に支持される。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大成建設株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT