薄板状多孔質シリカ金属複合体粒子とその製造方法

開放特許情報番号
L2006000275
開放特許情報登録日
2006/1/27
最新更新日
2015/9/15

基本情報

出願番号 特願2005-313537
出願日 2005/10/27
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2006-151799
公開日 2006/6/15
登録番号 特許第4831663号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 薄板状多孔質シリカ金属複合体粒子とその製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 触媒、触媒担体、センサー、樹脂又は塗料用のナノコンポジット材料、吸着若しくは分離剤、光触媒
目的 シリカ骨格中のSiを他の金属で置換させた、薄板状の多孔質シリカ金属複合体粒子を得る。
効果 安価なアルカリ珪酸塩を用い、安全性の高い非イオン性界面活性剤をテンプレートとし、短時間でシリカ骨格中のSiを多価金属に置換でき、1000℃でもハニカム状の規則配列をしている構造体を得ることができる。
技術概要
(A)酸性水溶液及び(B)非イオン性界面活性剤の混合液に、(C)アルカリ珪酸水溶液を混合し、反応させながら(D)多価金属の塩を添加して攪拌し、次いで熟成した後に、固形反応物中の成分Bを除去して、[Si↓(1−n)M↓n]O↓2、(Mは多価金属)で表される組成の、薄板状多孔質シリカ金属複合体粒子を得る。成分Aは塩酸、硫酸などで、成分Bはポリエチレンオキシド−ポリプロピレンオキシド−ポリエチレンオキシドなどのトリブロック共重合体で、成分CはNa↓2O・mSiO↓2の組成の、比較的廉価なナトリウム珪酸塩水溶液で、成分Dは、Ti、Zr、Vなどの塩化物、硝酸塩、硫酸塩などが好ましい。反応の条件は、成分A、Bの混合液に成分Cをそれぞれ15〜50℃にして混合して20秒〜5分反応させ、次いで成分Dを添加して10秒〜20分間後に攪拌を停止して、2〜24時間熟成するのが好ましい。所望により攪拌後に、60〜200℃に昇温して熟成させることが出来、薄板の厚さ0.5μm未満の目的の複合体粒子を得ることが出来る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT