金属酸化物ナノポーラス材料からなるプロトン伝導体、同伝導体を用いた燃料電池の電解質又はプロトン伝導性デバイス及び同伝導体の製造方法

開放特許情報番号
L2006000147
開放特許情報登録日
2006/1/20
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2005-250107
出願日 2005/8/30
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2007-066668
公開日 2007/3/15
登録番号 特許第4836172号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 金属酸化物ナノポーラス材料からなるプロトン伝導体、同伝導体を用いた燃料電池の電解質又はプロトン伝導性デバイス及び同伝導体の製造方法
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 チタニア、酸化錫、酸化バナジウム、酸化タングステン、酸化マンガン
目的 100°C以上の高温でも使用できる金属酸化物ナノポーラス材料からなるプロトン伝導体、同伝導体を用いた燃料電池の電解質又はプロトン伝導性デバイス及び同伝導体の製造方法の提供。
効果 本技術のP↓2O↓5含有金属酸化物ナノポーラス材料は100°以上のプロトン伝導だけでなく、耐熱性・耐圧性に優れたプロトン伝導体である。そのため、無加湿条件下(0%相対湿度条件下)を省き、加湿条件下において高い特性を示す燃料電池用の電解質、プロトン伝導性デバイスに有用である。
技術概要
本技術のプロトン伝導体は、チタニア、酸化錫、酸化バナジウム、酸化タングステン及び酸化マンガンから選択した少なくとも1成分の金属酸化物ナノポーラス材料の細孔表面又は細孔構造中に五酸化二リン又はリン酸基を備えている金属酸化物ナノポーラス材料からなる。又、平均直径が1nm〜50nm細孔と3nm〜100nmフレームワークを備え、さらに、フレームワーク中にチタニアのナノ結晶を備える。そして、100〜160°Cにおいて、安定しかつ高いプロトン伝導性を備え、相対湿度70〜100%の高加湿下及び/又は1気圧〜6気圧の水蒸気下において、安定しかつ高いプロトン伝導性を備えている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT