表面保護加工されたゼオライト膜ならびにゼオライト膜を用いた脱水装置

開放特許情報番号
L2006000139
開放特許情報登録日
2006/1/20
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2005-245570
出願日 2005/8/26
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2007-054772
公開日 2007/3/8
登録番号 特許第4736031号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 表面保護加工されたゼオライト膜ならびにゼオライト膜を用いた脱水装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 固体酸触媒、分離吸着剤、イオン交換剤
目的 表面保護加工されたゼオライト膜ならびにゼオライト膜を用いた脱水装置の提供。
効果 本技術により、常温付近の反応温度で、高い効率で、高耐久性で、脱水操作を行うことが可能なゼオライト膜による脱水プロセスを実現できる。
技術概要
この技術では、ムライトチューブ(外径約10mm、長さ70mm)に、MERゼオライトの種晶をラビング法により担持し、水熱条件下でゼオライト結晶を成長させることでゼオライト膜担持ムライトチューブを合成する。一方、普通磁器製の青マークキャップを加工し、チューブ末端を封止するキャップ及びキャップに内径6mmのパイレックス製ガラスを接合した配管付キャップを製作する。次に、ゼオライト膜担持ムライトチューブにシリル化ウレタン組成物を塗布し、キャップ及び配管付キャップにより封止した後、一晩乾燥・固化する。封止後、テフロンシールテープ(厚さ0.1mm、幅13mm)をゼオライト膜担持ムライトチューブに3mmずつテープの両端を重複させて巻きつけ、ゼオライト膜部分をすべて被覆する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT