粘土膜の製造方法

開放特許情報番号
L2006000101
開放特許情報登録日
2006/1/20
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2005-232666
出願日 2005/8/10
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2006-265088
公開日 2006/10/5
登録番号 特許第4997493号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 粘土膜の製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 耐熱性、高バリアー性粘土膜
目的 粘土又はこれと添加剤を液体に分散させペーストとし、この粘土ペーストを物体の表面に一定の厚みに塗布し、乾燥させて剥離して粘土膜を得る。
効果 機械的強度を有し、優れた熱安定性とフレキシビリティーを有する粘土自立膜を短時間で製造する事が出来る。
技術概要
(A)粘土又はこれと(B)添加剤を(C)液体に分散させ粘土ペーストとする。成分Aは雲母、バーミキュライト、モンモリロナイト、バイデライトサポナイト、ヘクトライトなどで、成分Bはイプシロンカプロラクタム、デキストリン、澱粉、セルロース系樹脂、ゼラチン、寒天、小麦粉、グルテン、アルキド樹脂、ポリウレタン樹脂、タンパク質などで、成分Cは水又は水に少量の添加剤(例えば、アセトアミド、エタノール)を添加した分散媒に固液比を2〜15重量%とさせて分散させ、混合混練により粘土ペーストとさせるのが好ましい。この粘土ペーストを例えば、平板、立方体、直法体、円柱、コーン、球などの形態の物体(例えば、図のトレイ)の表面に、例えば0.03〜10ミリメートルの厚みに塗布し、30〜90℃で乾燥させ、次いで剥離して粘土膜を得るのが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT