表示オブジェクトの提供方式及び表示オブジェクトを提供するプログラム

開放特許情報番号
L2006000050
開放特許情報登録日
2006/1/13
最新更新日
2011/6/3

基本情報

出願番号 特願2001-340341
出願日 2001/11/6
出願人 株式会社レクサー・リサーチ
公開番号 特開2002-216162
公開日 2002/8/2
登録番号 特許第4011327号
特許権者 富士通株式会社
発明の名称 表示オブジェクト提供装置、表示オブジェクト提供方式及び表示オブジェクト提供プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 表示オブジェクト
目的 複雑な動作やリアルな動作をすることが可能で、感情、意志、性格などを統合的に表現することができる高品質な表示オブジェクトの提供方式を提供する。
効果 提供される3次元オブジェクトを複雑な動作やリアルな動作をすることが可能な高品質なものとすることができ、感情、意志、性格などを統合的に表現することをも可能にする。また、各ユーザーの嗜好に合致した個別仕様の3次元オブジェクトを簡単に作成又変更することを可能とし、個性化した需要や需要環境変化に対する優れた適応力を発揮する
技術概要
 
コンピュータ若しくはコンピュータネットワークを用いて画像表示手段で表示される表示オブジェクトを提供する方式であって、表示オブジェクトの全体動作を生成する制御とは別に、表示オブジェクト内で部分領域を抽出すると共に部分領域で複数の細分化単位を抽出し、動作制御指令に応じて所要の細分化単位の各々を時間経過に伴って移動することにより、部分領域の動作生成を制御する。例えば、人間の形状にした3次元表示オブジェクト等の表示オブジェクトの動作を生成する場合、全体動作は身体動作とし、又部分領域は顔或いは顔の所定領域等とすることができる。また細分化単位は例えば座標或いは所定の座標群とすることができる。細分化単位の移動で部分領域の動作を独立して生成することにより、顔の微妙な表情を生成することが可能となり、顔の表情の変化や、顔の表情と身体動作が相俟うことによって、感情、意志、性格などを統合的に表現することができる。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社レクサー・リサーチ

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT