アセナフチレン誘導体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2005010809
開放特許情報登録日
2005/11/18
最新更新日
2015/11/9

基本情報

出願番号 特願2004-065824
出願日 2004/3/9
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2005-255547
公開日 2005/9/22
登録番号 特許第4695845号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 アセナフチレン誘導体及びその製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 有機機能性材料として有用なアセナフチレン誘導体に適用する。
目的 多置換多環縮合型芳香族からなるアセナフチレン誘導体を提供する。
効果 所望の置換基を導入して、その機能、物性を制御してなる多置換多環縮合型芳香族が可能になる。
技術概要
式(1)(R↑1、R↑2、A↑1〜A↑6はH、炭素数1〜20炭化水素等)で表されるアセナフチレン誘導体であって、1,2−ジプロピルアセナフチレンが例示される。この誘導体は、例えば、式(2)で表される芳香族化合物と、式(3)で表される化合物とを、遷移金属触媒及び金属塩の存在下で反応させて得られる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT