水処理装置

開放特許情報番号
L2005010430
開放特許情報登録日
2005/11/4
最新更新日
2005/11/4

基本情報

出願番号 特願2000-043437
出願日 2000/2/21
出願人 三洋電機株式会社
公開番号 特開2001-232364
公開日 2001/8/28
登録番号 特許第3530452号
特許権者 三洋電機株式会社
発明の名称 水処理装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 プール、浴場の水槽、大型の水槽、給水槽、一般家庭用の浴槽、滅菌処理
目的 安全かつ良好に滅菌処理をすることのできる新規な水処理装置の提供。
効果 気体液体分離槽で分離される電気化学反応時に生じる気体を安全に処理できる。特に、気体液体分離槽において、分離された気体の中の水素濃度が何らかの異常で高くなった場合には、電極への通電を抑制するか停止することによって、水素ガスの発火等のおそれがない。
技術概要
この技術において、水素ガスセンサによりガス除去槽から発生する水素ガス濃度Hが検知される。そしてその検知された濃度Hが、燃焼限界下限値である4%を超えた場合は、水素濃度異常表示および水素濃度異常報知が行われる。そしてこの場合は仮電源供給量W↓oを%に設定する。また、検知された水素濃度が2%≦H<4%の範囲では、その濃度に応じて電源供給量Wxが計算される。この計算は、たとえばWx=50×(4−H)%によって算出される。そして算出された電源供給量Wxが仮電源供給量W↓oと比較されWxが少ない場合にはそれが電源供給量となる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 三洋電機株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT