水処理装置

開放特許情報番号
L2005010429
開放特許情報登録日
2005/11/4
最新更新日
2005/11/4

基本情報

出願番号 特願2000-030902
出願日 2000/2/8
出願人 三洋電機株式会社
公開番号 特開2001-219168
公開日 2001/8/14
登録番号 特許第3530446号
特許権者 三洋電機株式会社
発明の名称 水処理装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 プール、浴場の浴槽、大型の水槽、給水槽、一般家庭用の浴槽、小型の水槽、滅菌処理
目的 種々の水槽に貯留された被処理水を、簡単かつ効率的に滅菌処理することができる、新規な水処理装置の提供。
効果 水槽に貯留された被処理水を、簡単かつ効率的に滅菌処理することが可能となる。またプールや浴場などの営業時間中であっても定期的に、あるいは入場者数や天候や気温などによって変化する被処理水の水質に応じて任意に行うことができる。更に一定の使用水量ごとに、あるいは使用水量にかかわらず一定期間ごとに、上記一連の作業を手動で、あるいは自動的に行うようにすると、問題となっている藻の繁殖などを抑制して、水質の悪化を防止することができる。
技術概要
この技術は、被処理水を貯留する水槽から被処理水を導入して、途中に設けた電解槽内で、少なくとも2枚の電極板からなる第1の電極組に通電することで、電気化学反応によって滅菌処理する。その後、水槽に還流する水処理経路から分岐し、2枚の電極板からなる第2の電極組を内蔵した補助電解槽を経た後、再び水処理経路と合流する。そして、補助電解槽内に、塩素イオンを含み、かつ電気化学反応を促進する作用を有する電解質の水溶液を満たした状態で、第2の電極組に通電して電解質を電解処理することで、滅菌作用を有する滅菌液を製造するとともに、製造した滅菌液を水処理経路に供給する。そして、第1および第2の電極組をそれぞれ個別に通電制御しつつ水処理経路、および供給経路を作動させる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 三洋電機株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT