針一体型バイオセンサー

開放特許情報番号
L2005009793
開放特許情報登録日
2005/10/21
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2005-196040
出願日 2005/7/5
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2007-014379
公開日 2007/1/25
登録番号 特許第4682360号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 針一体型バイオセンサー
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 針一体型バイオセンサー
目的 ランセットに見られるような穿刺駆動部を必要としないことにより、構成が極めて簡単で、そのため組立が容易であり、試料体液の採取が少量で無駄なく確実に行なうことができる針一体型バイオセンサーを提供する。
効果 針一体型バイオセンサーは、試料体液の採取に、ランセットに見られるような穿刺駆動部を必要としないため、構成が極めて簡単であり、そのため組立が容易であり、また毛細管現象または吸引採血法、真空採血法のいずれかの方法による採血手段を備えることで、試料体液の採取が少量で無駄なく確実に行なる。このようなバイオセンサーは、カートリッジとして使用することができるため、簡易な包装により持ち運びも容易で、使用後も衛生的であるといった効果を奏する。
技術概要
中空の柱状構造物で構成される穿刺針が基板に対して埋め込まれて固定され、柱状構造物内部に少なくとも2電極を基板に対して垂直に貫通させることにより電極を内含する穿刺針を形成せしめてなる針一体型バイオセンサーである。針一体型バイオセンサーカートリッジと、カートリッジを挿入させてセットする針一体型バイオセンサーカートリッジ導入部、カートリッジの電極における電気的な信号を捉えるコネクター部、コネクター部を介して電気的な値を計測する計測部、計測のための操作パネル部、計測部における計測値を表示する表示部、計測値を保存するメモリ部、穿刺針の駆動部、駆動部引き金部および穿刺針による穿刺を開始する穿刺開始ボタンを備えた針一体型バイオセンサー用測定装置である。図に示すように、穿刺針6と円柱状の電極板部材18が基板5上に配置され、中空穿刺針6には毛細管現象停止部22用の貫通穴8が設けられている。これにより、使用時には針一体型バイオセンサーを皮膚に穿刺後、採血が毛細管現象により自然にバイオセンサー内へ送り込まれ、試薬と反応して測定が行なわれる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT