リン吸着剤

開放特許情報番号
L2005009772
開放特許情報登録日
2005/10/21
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2005-186085
出願日 2005/6/27
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2007-000823
公開日 2007/1/11
登録番号 特許第4512695号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 リン吸着剤
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 リン吸着剤
目的 水中のリンを効率よく除去ないし回収する技術を提供する。
効果 安価な鉄をジルコニウムと組み合わせることにより、酸化ジルコニウムよりもさらに高いリン吸着能を有するリン吸着剤を得ることができる。
技術概要
 
ジルコニウム−鉄複水酸化物(ジルコニウムと鉄のモル比が1:3〜3:1)および水溶液中で形成されるその水和物からなるリン吸着剤であり、その吸着剤を使用してリン含有廃水を処理するリンの除去方法である。ジルコニウム−鉄複水酸化物からなるリン吸着剤は、例えばZr↑I↑V↓(↓1↓−↓x↓)Fe↑I↑I↑I↓x(OH)↓(↓4↓−↓x↓)で表される。式中、x=0.25〜0.75程度である。xが0.25〜0.75の範囲でZrの一部をFeで置換すると、Zrのみの場合よりもリン吸着能を向上させることができる。海水などのように塩類を多量に含む水溶液であってもよい。このリン吸着剤は、塩濃度が高くても、有効にリンを吸着除去することができる。また、水溶液のpHは特に限定されないが、通常2〜9程度、好ましくは3〜8.5程度、より好ましくは4〜8程度、特に好ましくは4.5〜7.5程度である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT