熱電変換モジュール

開放特許情報番号
L2005009376
開放特許情報登録日
2005/9/30
最新更新日
2011/10/7

基本情報

出願番号 特願2004-306500
出願日 2004/10/21
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2006-147600
公開日 2006/6/8
登録番号 特許第4810652号
特許権者 国立大学法人山口大学
発明の名称 熱電変換モジュール
技術分野 電気・電子、金属材料
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 自動車、工場等における排熱リサイクルシステム。
目的 本発明は、自動車、工場における中高温の排出ガスの熱、或いは焼却炉の熱を利用し、これを電気エネルギーに変換または逆に電気エネルギーを熱に変換し、局部的に加熱または冷却することにより、電子デバイスや小型冷蔵庫等に適用できる熱電変換モジュールの熱電変換効率を向上させることを目的とする。
効果 400℃以上の中高温においても、効率の良い、しかも経時的劣化や性能低下の極めて生じにくい熱電変換モジュールを得ることができる。これにより、自動車、工場等における400℃以上の廃ガスや焼却炉により発生する熱を高温の状態のまま回収し、電気エネルギーとしてリサイクル可能となる。
技術概要
本発明は、吸熱部、熱電変換部および放熱部より構成される熱電変換モジュールにおいて、少なくとも吸熱部と熱電変換部とが固着一体化されている熱電変換モジュールである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 400℃以上の中高温においても効率が良い。
改善効果2 経時的性能低下が生じにくい。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT