キトサン誘導体とキトサン高分子界面活性剤

開放特許情報番号
L2005009124
開放特許情報登録日
2005/9/23
最新更新日
2015/11/6

基本情報

出願番号 特願2004-056846
出願日 2004/1/31
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2005-213494
公開日 2005/8/11
登録番号 特許第4394483号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 キトサン誘導体とキトサン高分子界面活性剤
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 人体及び環境に優しく、抗菌性、免疫賦活作用を有し、薬品、化粧品、食品等の基礎材料として多様な分野で利用される。
目的 中性或いはアルカリ性の環境においても使用可能な、新しいキトサン誘導体とこれを用いたキトサン高分子界面活性剤の提供。
効果 入手しやすい原料を用いて、簡便かつ容易に合成でき、任意に電荷を調節可能であり、安全性に優れた界面活性剤等が提供され、その利用価値は極めて大きい。
技術概要
長鎖脂肪酸もしくはその無水物により部分アシル化されたキトサンにおいて、アミノ基の少なくとも一部が、生分解性もしくは自然環境での分解性を有している、多価脂肪酸またはその無水物によりアシル化されていることを特徴とするキトサン誘導体。尚、アミノ基の15%以上が多価脂肪酸またはその無水物によりアシル化されており、また、炭素数7〜20の長鎖脂肪酸もしくはその無水物によるアシル基の導入率が1〜30%であり、また、キトサン誘導体を用いてキトサン高分子界面活性剤を調製し、更に、キトサンのアミノ基の対イオンをもっての塩を長鎖脂肪酸もしくはその無水物により部分アシル化反応させ、次いで多価脂肪酸(例;コハク酸等)またはその無水物を反応させることにより、キトサン誘導体を製造する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT