ワイパー付きヘルメット

開放特許情報番号
L2005008526
開放特許情報登録日
2005/8/27
最新更新日
2005/8/27

基本情報

出願番号 特願2004-072847
出願日 2004/3/15
出願人 稲子 順紀
公開番号 特開2005-256251
公開日 2005/9/22
登録番号 特許第3631241号
特許権者 稲子 順紀
発明の名称 ワイパー付きヘルメット
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 ワイパー付きヘルメット
目的 コンパクトであるとともに運転者の視界を良好に保つことができるワイパー付きヘルメットを提供する。
効果 ワイパーモータ部でワイパーアームを扇状に往復回動させることによりワイパーブレードをシールドの払拭面全体を払拭するように往復動させることができるため、コンパクトに構成することができる。
技術概要
ワイパー付きヘルメット1は、ヘルメット本体10と、ヘルメット本体10の前面側に取り付けられたシールド11と、ヘルメット本体10の前面側に取り付けられたワイパーモータ部20と、一端がワイパーモータ部20に取り付けられたワイパーアーム30と、シールド11の上端付近で一端がワイパーアーム30の他端に取り付けられたかつシールド11の払拭面を払拭するためのワイパーブレード40とを具備する。ここで、ワイパーモータ部20は、二輪車に取り付けられたバッテリー装置60から電源コード50,スイッチ52およびコードソケット51を介して給電される。ワイパーモータ部20は、ワイパーモータと、このワイパーモータの回転駆動力をワイパーアーム30の往復回動力に変換するための運動変換手段とを有する。なお、この運動変換手段は、たとえば、ワイパーモータの回転軸に取り付けられたウォームギヤと、このウォームギヤの駆動力により回転されるウォームホイールと、このウォームホイールの駆動力をワイパーアーム30の往復回動力に変換するためのクランク装置とを用いて構成することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 シールドの払拭面を漏れなく払拭することができるので、ワイパーモータ部を中心としてワイパーブレードを扇状に往復回動させるものに比べて、雨滴などの除去効果を大幅に向上させることができる。

登録者情報

登録者名称 稲子 順紀

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT