ソバ実に麹、ラギなどのスターターの形態の糸状菌または直接糸状菌を添加し発酵させることにより、ソバ実中のアレルゲン性タンパク質などのタンパク質の分解を伴いつつ大豆加工食品であるテンペ様の固形、半固形または流動状の発酵ソバ食品及びその製造法

開放特許情報番号
L2005008519
開放特許情報登録日
2005/8/27
最新更新日
2015/7/31

基本情報

出願番号 特願2004-029573
出願日 2004/2/5
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2005-218362
公開日 2005/8/18
登録番号 特許第4604174号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 発酵ソバ食品及びその製造法
技術分野 食品・バイオ、生活・文化
機能 食品・飲料の製造
適用製品 発酵ソバ食品、発酵ソバ食品の製造法
目的 ソバの豊富な機能性成分を摂取しやすい形にするばかりでなく、ソバのアレルゲン性タンパク質が低減化された形態の発酵ソバ食品が得られ、さらには、その発酵ソバ食品の比較的安価かつ簡便な製造法を提供する。
効果 本発明は、アレルゲン性タンパク質が分解された状態で各種調理法の適用が可能な発酵ソバ食品が得られ、これにより機能性成分を豊富に含むソバを容易に摂取できると共に、アレルゲン性を幾分か低減した食品が期待され、さらにソバの消費拡大、用途拡大への多大な寄与も期待できる。また、ソバ実に糸状菌を添加し発酵させる設備さえあれば、従来の技術に対し、比較的安価、かつ簡便に導入可能な技術と考えられる。
技術概要
 
蒸したソバ実に、麹、ラギなどのスターターの形態の糸状菌、または糸状菌を直接添加し、ソバ実中のアレルゲン性タンパク質を発酵・分解させて大豆加工品であるテンペ様に凝縮させ、固形、半固形、または半流動状のソバ食品を得る発酵ソバ食品と発酵ソバ食品の製造法である。なお、用いる糸状菌は、生や蒸煮した状態のソバ実と混合することでタンパク質、望ましくはアレルゲン性タンパク質を分解し、かつその菌糸によりソバ実を凝集させ一塊とすることが可能な糸状菌であればよく、好ましくはリゾプス属糸状菌もしくはアスペルジルス属糸状菌であり、特に好ましくはリゾプス・オリゼ、リゾプス・ミクロスポラス、リゾプス・オリゴスポラス、アスペルジルス・オリゼ、アスペルジルス・ニガー、アスペルジルス・ソジャである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT