プレーナトランス(TM)

開放特許情報番号
L2005007828
開放特許情報登録日
2005/7/29
最新更新日
2008/4/25

基本情報

出願番号 特願平09-052713
出願日 1997/3/7
出願人 横河電機株式会社
公開番号 特開平10-256058
公開日 1998/9/25
登録番号 特許第3084705号
特許権者 横河電機株式会社
発明の名称 プリントコイル形トランス
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 トランス、DC/DCコンバータ
目的 出力数が多く、しかも各層間で絶縁が必要な場合でも、小型化できるプリントコイル形トランスを提供する。出力数が多く、しかも各層間で絶縁が必要な場合でも、銅損や鉄損が小さく効率的で、各出力電圧にドロッパ型のレギュレータを装着しなくても必要なレギュレーション特性が得られ、第1〜第3の制御用巻線U,V,Wでのレギュレーション特性が揃っている。
効果 プリントコイル形トランスの層数を出力用の巻線の総数より少なくしても、高電圧のスイッチングに起因するノイズの影響が低減されてレギュレーション特性がよくなる。また、プリントコイル形トランスの層数が少なくでき、トランスの外形が小型化されると共に、電源装置に適用すると銅損や鉄損が低減されて効率が良くなり、更に、外付け部品を簡素にすることができる。また、電源その他回路のレイアウトが容易にできる。
技術概要
 
接続されるスイッチング素子により流れる電流がオンオフされる一次側巻線(Prm)と、前記スイッチング素子をオンオフ制御する出力電圧安定化回路によって出力電圧の安定化される二次巻線(Sec)と、コモンがフローティング状態にあり、モータ制御用の信号を生成する第1〜第3の制御用巻線(U,V,W)と、コモンがグランドに接地され、モータ制御用の信号を生成する第4の制御用巻線(XYZ)と、を有するプリントコイル形トランスにおいて、前記第4の制御用巻線を、前記二次巻線と前記第1〜第3の制御用巻線で挟み込んだ。
実施実績 【有】  トランス、DC/DCコンバータ
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 横河電機株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT