ラクダ科動物の変異VHH抗体及びその製造法

開放特許情報番号
L2005007035
開放特許情報登録日
2005/7/1
最新更新日
2015/9/17

基本情報

出願番号 特願2005-074157
出願日 2005/3/16
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2006-052201
公開日 2006/2/23
登録番号 特許第4521532号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 ラクダ科動物の変異VHH抗体及びその製造法
技術分野 食品・バイオ
機能 安全・福祉対策、その他
適用製品 機能的な組み換え抗体の原核生物(大腸菌)での大量生産に有用な変異VHH抗体に適用する。
目的 重鎖のみからなるラクダ科動物のVHH抗体のシステイン残基の1〜2種を他の特定のアミノ酸で置換してなる変異VHH抗体を提供する。
効果 抗原を結合する性質を実質的に損なうことなく、分子間のジスルフィド結合の形成を抑制することができ、抗体の製造効率を向上させることが可能になる。
技術概要
分子内ジスルフィド結合を有する、例えばラマ、ヒトコブラクダ等のラクダ科動物の軽鎖を持たない抗体(VHH抗体)のおいて、この結合を構成する2つのシステイン残基(C/C)を、W/A、A/A、W/P、A/V、W/G、S/A、A/I、A/F、G/V、G/L、A/S、V/A、G/F、S/S、G/I、G/A、A/L(Aはアラニン;Wはトリプトファン;Pはプロリン;Vはバリン;Sはセリン;Iはイソロイシン;Fはフェニルアラニン;Gはグリシン)で置換して製造された変異VHH抗体にする。特に、W/A、A/A、W/P、A/V、W/G、A/I、G/V、A/Sで置換されたものが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT