表面処理粘土膜

開放特許情報番号
L2005006965
開放特許情報登録日
2005/7/1
最新更新日
2015/9/17

基本情報

出願番号 特願2005-046324
出願日 2005/2/22
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2006-188408
公開日 2006/7/20
登録番号 特許第5190905号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 表面処理粘土膜
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 表面処理粘土膜
目的 自立膜として利用可能な機械的強度を有し、しかも、優れた柔軟性、熱安定性を併せ持つ粘土膜及びその製造技術、及び電気絶縁材、断熱材として使用可能な部材等の新技術・新素材を提供する。
効果 表面が撥水性、親水性であり、自立膜として利用可能な機械的強度を有し、しかも、優れた柔軟性、優れたガスバリア性、優れた水蒸気バリア性、優れた熱安定性を併せ持つ粘土膜及びその製造技術を提供できる。また、電気絶縁性、断熱性を有する新技術・新素材を提供できる。また、耐熱性及び柔軟性を併せ持つパッキンあるいは固体電解質燃料電池隔膜、電気絶縁材、断熱材として使用可能な部材等の新技術・新素材を提供できる。
技術概要
 
粘土のみ、粘土と少量の補強材、又は粘土と少量の添加物と少量の補強材から構成され、柔軟性を有し、自立膜として利用可能であり、耐熱性を有し、ガスバリア性を有し、表面処理が行われている;粘土膜の主要構成成分が、天然粘土又は合成粘土である;天然粘土又は合成粘土が、雲母、バーミキュライト、モンモリロナイト、鉄モンモリロナイト、バイデライト、サポナイト、ヘクトライト、スチーブンサイト、及びノントロナイトからなる群のうちの一種以上である;粘土膜である。さらに、添加物が、エチレングリコール、グリセリン、イプシロンカプロラクタム、デキストリン、澱粉、セルロース系樹脂、ゼラチン、寒天、小麦粉、グルテン、アルキド樹脂、ポリウレタン樹脂、エポキシ樹脂、フッ素樹脂、アクリル樹脂、メタクリル樹脂、フェノール樹脂、ポリアミド樹脂、ポリエステル樹脂、ポリイミド樹脂、ポリビニル樹脂、ポリエチレングリコール、ポリアクリルアマイド、ポリエチレンオキサイド、タンパク質、デオキシリボヌクレイン酸、リボヌクレイン酸及びポリアミノ酸、フェノール類、及び安息香酸類化合物からなる群のうちから選択される一種以上である粘土膜である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT