信号合成装置

開放特許情報番号
L2005006779
開放特許情報登録日
2005/6/24
最新更新日
2015/12/3

基本情報

出願番号 特願2000-364661
出願日 2000/11/30
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2002-168882
公開日 2002/6/14
登録番号 特許第3455778号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 信号合成装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 高精度タイミング計測システム
目的 電離媒質を通過した信号について、周期性あるいは非周期性の信号にかかわらず、低間隔のサンプリングにより元の波形が再現できる信号合成装置の提供。
効果 電離媒質を通過した信号について、周期性あるいは非周期性の信号にかかわらず、低間隔のサンプリングにより元の波形を再現することができる。
技術概要
この技術による信号合成装置は、所定の帯域で受信された電離媒質を通過する信号を複数の周波数チャネルに分割する。次に、複数の周波数チャネルから出力したデータをサンプリングし、周波数ごとのサンプリングデータについて電離媒質にて遅延された時間を対応する周波数ごとに補正する。そして、この補正された遅延補正データのサンプリング点を重ね合わせて信号を合成する。又、複数の周波数チャネルから出力したデータをサンプリングしこのサンプリングの際にすべての周波数チャネルの補間点を同一時刻で揃えた状態で補間し、補間された時間補間データについて電離媒質にて遅延された時間を対応する周波数ごとに補正し、この補正された遅延補正データを重ね合わせて信号を合成することもできる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT