通信歪み補償装置および補償方法

開放特許情報番号
L2005006651
開放特許情報登録日
2005/6/24
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2001-267434
出願日 2001/9/4
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2003-078454
公開日 2003/3/14
登録番号 特許第3684377号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 通信歪み補償装置および補償方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 通信システム、デジタル放送、衛星中継増幅器、通信歪み補償装置
目的 伝送路特性の歪み補償を地上局において適応的に最適な受信信号が得られるように,ソフトウェア的な構成で実現した通信歪み補償装置および補償方法の提供。
効果 中継器を介在して通信を行なう通信システムの送信器において,中継器の非線形特性に基づく歪みに対する補償を,地上送信局において適応的に行なうことができる。
技術概要
この技術では、通信歪み補償装置は,中継器を介在して通信を行なう通信システムにおける送信局の通信歪み補償装置において,受信信号をもとに中継器の入出力特性の入力と出力の関係が逆となる逆特性を求め,この逆特性に従って送信信号に歪みを与える歪み補償設定部を備え,中継器を通過して受信側で受信される信号が送信側で送信する信号と同じになるように歪み補償する。また、通信歪み補償方法は,中継器を介在して通信を行なう通信システムにおける送信局の通信歪み補償方法において,送信局は,受信信号をもとに中継器の入出力特性の入力と出力の関係が逆となる逆特性を求め,この逆特性に従って送信する信号に歪み補償を与えるようにする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT