スピーカ回線から音声警報機能を有した自火報システム

開放特許情報番号
L2005006616
開放特許情報登録日
2005/6/24
最新更新日
2013/8/8

基本情報

出願番号 特願平10-238374
出願日 1998/8/25
出願人 パナソニック電工株式会社
公開番号 特開2000-067353
公開日 2000/3/3
登録番号 特許第3554958号
特許権者 パナソニック電工株式会社
発明の名称 音声警報機能を有した自火報システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 スピーカ回線から音声警報を出力する構成の自火報システムに関する。
目的 適切な音声警報を出力することにより、迅速に避難できるようにした自火報システムを提供する。
効果 音声警報に従って、迅速に避難を促すことが出来る。
技術概要
自火報受信機は、設置場所の異なる火災感知器から火災信号を受信する毎に、その火災感知器に対応するスピーカ回線を順次加えて、火災発生箇所を特定した音声メッセージを出力する構成とされ、直前に出力した音声メッセージで特定した火災発生箇所と、これから出力しようとする音声メッセージで特定すべき火災発生箇所との間で共通部分の有無を判断し、共通部分がある場合には、その共通部分のみを、音声メッセージで特定すべき火災発生箇所とする一方、共通部分がない場合には、音声メッセージで火災発生箇所を特定しない処理を行うことによって、火災の発生個所を、詳細管理単位から広域管理単位に段階的に変化させた音声メッセージをスピーカ回線より出力する。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT