可視化装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2005006219
開放特許情報登録日
2005/6/11
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2003-160465
出願日 2003/6/5
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2004-362306
公開日 2004/12/24
登録番号 特許第3878999号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 可視化装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 品詞、共有性、調査結果
目的 一つのノードが他の複数のノードとリンクする場合等の数量的なリンク結果を可視化して明確に示すことの実現。
効果 複数のノード間のリンク関係とリンクの大きさを明確に示すことができる。表示するノードが多い場合のノード間のリンク関係とリンクの大きさを明確に示すことができる。
技術概要
複数のノード間のリンクデータを入力する入力手段と、リンクデータにより各ノードの配置座標位置を求める自己組織化マップ手段と、リンクデータのリンクがもつ値の大きさによる線の太さで二つのノードの配置座標位置を線で結んで表示するリンク表示手段と、求めた各ノードの配置座標位置にノードを表示するノード表示手段とを備え、複数のノード間のリンク関係とリンクの大きさを明確に示すことができる。可視化装置において、リンク表示手段は、リンクデータのリンクがもつ値が一定値以上のもののみ、二つのノードの配置座標位置を線で結んで表示する。リンク表示手段は、二つのノードを線で結ぶ際、一方のノード側の線の太さを一方のノードから他方のノードへのリンクがもつ値に基づいた線の太さにし、他方のノード側の線の太さを他方のノードから一方のノードへのリンクがもつ値に基づいた線の太さにする。入力手段にリンクデータを入力するだけで、ノードの表示とノード間で方向性のあるデータを一つの線で表示することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT