ロボットの顎装置及びその制御方法

開放特許情報番号
L2005006205
開放特許情報登録日
2005/6/11
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2003-115767
出願日 2003/4/21
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2004-321217
公開日 2004/11/18
登録番号 特許第3752546号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 ロボットの顎装置及びその制御方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ロボット、ロボットの顎装置、コミュニケーションロボット、警備、医療、施設、家庭
目的 ロボットの顎部分を、簡易な構造で構成しながらも、自然な形態で動作させる装置と、その制御方法の提供。
効果 下顎部は、その上端部が下顎部回動支持ジョイントで軸支され、下顎部回動駆動手段で回動され、一方、下顎部回動支持ジョイントに連なるリンク部を介して、リンク部回動駆動手段によって略前号左右方向にも回動されるので、簡易な構成でありながらも、自然な形態で動作させることができる。
技術概要
この技術では、頭部骨格と、それに連結した下顎部とを少なくとも備えたロボットにおいて、略U字形状の下顎部と、その下顎部の左右上端部を、それぞれ軸支して、下顎部を回動自在に支持する左右一対の下顎部回動支持ジョイントを備えると共に、その左右下顎部回動支持ジョイントに対して下顎部を回動して、口部を開閉する左右一対の下顎部回動駆動手段を備える。また、左右下顎部回動支持ジョイントと、頭部骨格に固設された左右一対のベースとをそれぞれ連結する左右一対のリンク部を備え、その左右ベースに対してそれぞれ左右リンク部を回動して、下顎部を略前後左右方向にも移動する左右一対のリンク部回動駆動手段を備えるものとする。ここで、下顎部回動支持ジョイントとベースとの間に弾性体を設けて、下顎部の位置安定に寄与せしめてもよい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT