光パケットスイッチング方法及び光パケットスイッチング装置

開放特許情報番号
L2005006183
開放特許情報登録日
2005/6/11
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2003-066560
出願日 2003/3/12
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2004-282117
公開日 2004/10/7
登録番号 特許第3682538号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 光パケットスイッチング方法及び光パケットスイッチング装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 パケット、光スイッチコントロール信号、パケット交換方式の光通信システム、光スイッチ
目的 パケット長が異なる複数のパケットの中から、目的とするパケットを光学的にスイッチングする方法及びこの方法を実現するための装置の提供。
効果 パケットが含むスタートビットとエンドビットとを再生し、それに基づき光スイッチコントロール信号を生成するため、この光スイッチコントロール信号は、パケット長と等しい幅をもつ矩形パルス信号となり、いかなるパケット長を有するパケットでも、この光パケットスイッチング方法及び光パケットスイッチング装置によって選択してスイッチングすることができる。
技術概要
この技術では、光パケットスイッチング方法及び光パケットスイッチング装置は、データ転送のための全光学パケットセルフルーティングにおいて、伝送されてきた複数のパケットをパケット毎にスイッチングするための光パケットスイッチング方法であって、パケットから、スタートビットとエンドビットとを抽出する光トリガー信号抽出ステップを備える。また、スタートビットとエンドビットから、パケットをスイッチングするための光スイッチコントロール信号を生成する光スイッチコントロール信号生成ステップを備える。そして光スイッチコントロール信号によって、パケットをスイッチングする光パケットスイッチングステップを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT