微小力測定装置

開放特許情報番号
L2005006176
開放特許情報登録日
2005/6/11
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2003-048544
出願日 2003/2/26
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2004-257846
公開日 2004/9/16
登録番号 特許第3766869号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 微小力測定装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 蛋白質分子、微小力測定装置、モータ蛋白質、蛋白質フィラメント
目的 光圧用レーザの放射圧に対して安定であり正確な測定値を与え得るプローブを備えた微小力測定装置の提供。
効果 照射領域が光圧用レーザから光照射を受けた場合にも自由電子の振動に基づく発熱を生じないために、プローブが変形・劣化することなく高い精度で適正な測定値を得られるようになる。また、プローブの使用可能回数及び時間を増やし、部品の交換によるコスト増大を防止することも可能となる。
技術概要
この技術では、微小な粒子と所定のベース物質との間に働く力学的な力を測定する装置は、微小な粒子を固定しているプローブと、微小な粒子の移動に伴って位置変化するプローブを光圧用レーザの放射圧を利用して所定目的位置に静止固定するようフィードバック制御するプローブ位置制御機構有すると共に、光圧用レーザの放射出力を経時的に測定記録する測定手段を有してなる。そして、プローブの少なくとも光圧用レーザを照射する領域を、非金属の誘電体すなわち自由電子を持たないような素材によって構成する。なお、非金属の誘電体としては、ガラス、石英ガラス、水晶、シリコン、ダイヤモンドなどが挙げられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT